スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニックフェア、第22回九州練習会

19日に北九州市小倉北区にある西日本総合展示場で、パナソニックフェアが開催され、
ロボスクエアのロボットデモに参加させてもらいました。
九州練習会からは、かつのさん(ワイルダー01)、水井さん(九共大疾風)、holypongさん(automo02)、大林さんと私の計5名でした。お祭り気分で、ロボットデモを楽しむことができました。
20日は第22回九州練習会でした。この日は、15時~17時までの2時間だけの参加でした。
練習会に参加するメンバーって、固定されてきた感じがします。
水井さんの疾風とスパーリングを行ないましたが、やはりSRC仕様の機体では歯が立たないです。
これからしばらくは、子供の行事が多く、ロボットに触れない日々が続きそうです。
スポンサーサイト

ロボファイト5 SRC部門優勝!


5月12日(土)に大阪でロボファイト5が開催され、SRC部門に参加してきました。
朝5時起床の予定が、5時30に予約していたタクシー会社からの電話で起きました。
それから慌てて家を飛び出し、なんとか博多発6:23の新幹線に間に合いました。新幹線で、きゃのんさん、holypongさんと合流し、大阪までの移動時間を楽しく過すことができました。会場の大阪産業創造会館に到着したのは9:35。私の席は、ZENO君の前、山口さんと桃色兎さんの横でした。山口さんの機体は、MicroMGサーボを使用し軸数も多いのですが、1kgと軽量に仕上げられていました。sakiaさんも高い機動力をもつ小型機体で参加されており、ますます小型機体がほしくなりました。クロイチさん、ひろ研さんに挨拶し、ひろ研さんがもっていた刀が実はコントローラっていうのに驚きました。
そして、アマテラスの御祓いでロボファイト5がスタートしました。
SRC本選のほうは、一回戦シードで、Super Diggerは2回戦からの登場。相手は、miuママさんのHana Type Fでした。長い腕攻撃が印象に残る機体でした。
3回戦は、sattonさんのindependence。KHR-2HVにメタリックブルー?のピノっぽい頭が特徴の機体で、動きが良く、ガシガシ歩いていました。sattonさんは近藤科学の賞を受賞され、私もindependenceのきれいな外装を見習いたいものです。
4回戦は、バンブーブリッジの石井さんのFighting-γを2回戦で破っているたかのさんRB-2000ベースのジローちゃん。飛び込み攻撃をもらわないように気をつけて試合に臨みました。
準決勝は、sakiaさんのSS-NANOSを破ったZENOくんのRB-2000SF、シンプルファイターの作り手とあって、素早い動きで、スーパーディガーの周りをぐるぐるまわっていました。RB-2000SFを捕らえるのが大変でした。そして決勝進出。決勝は、クロイチさんのキャプテンペコを準決勝で倒したまぼたんさんの伝説のガーディアン・・・。対戦できるだけで感激です♪しかも対戦の舞台が決勝なんて夢のようです。やっぱりガーディアンかっこいいですねぇ。正義の騎士VS悪の怪物になってました(笑。
結果はうまく攻撃がきまり、スーパーディガーがSRC部門優勝。いやー福岡から大阪まで遠征して良かったです。3位はZENOくんを破ったクロイチさんのキャプテンペコ。キャプテンペコの横歩きはかなり速くなってましたねぇ。
ORCでは、ivre、KZR-5、YOGOROZA、旋風丸が相変わらずの強さでしたが、NAKAYANさんのレグホーンが、クロムキッドを投げたのにはビックリしました。すごかった!!
holypongさんのAutomo02が、敗者復活で3位決定戦まで進出!敗れはしたもののいい動きを見せてました。

懇親会は、他の参加者と交流したかったのですが、所用のため今回不参加。残念!
きゃのんさんの成龍が懇親会バトルで優勝したそうで、おめでとうございます。
毎度のことながら、ロボファイトは、みんなが楽しめるようによく工夫がされてますね。ロボファイト5に参加されたみなさん、スタッフの方々、お疲れ様でした。

(写真はエクサ、宿敵アサルトと記念撮影 実は仲良しかも♪)

第19回ヒューマノイドカップバトル大会 準優勝!


5月4日に博多リバレインで第19回ヒューマノイドカップバトル大会が開催されました。

今回の参加台数は29台で、予選は3mのパンチカーペットでタイムを競うスプリントでした。各機体2回ずつ走り、良いほうのタイムの上位16台が決勝トーナメントに進む形式。

スーパーディガーは、2回目のタイムが8秒台に届いたのでなんとか決勝トーナメントに進むことができました。子供の機体スーパーディガーJrは、私の調整不足と子供の操作練習不足から、残念ながら予選落ち。予選通過が確実視されていたロボットも数台決勝トーナメントに残ることができず、波乱の3mスプリントになりました。
予選を16位で通過した「Q」は、12秒のタイムで、今回の安全圏は10秒以内、まさにスプリントは激戦でした。

決勝トーナメント準決勝で、スーパーディガーは、スミイママのアリキオンを延長戦で、たまたまタイミング良くディガーアタックが決まり、決勝進出。
決勝は、遊さんの「ivreーVIN」に破れ、結果は準優勝。

一方、当日は、地元TV局(朝日系のKBC、テレ東系TVQ)の取材を受け、KBCのニュースには子供とスーパーディガーJrが映ってました。さらに、本日の毎日新聞朝刊の福岡ローカル記事欄になんとスーパーディガーVSアリキオンそして操縦する私までもが写真で載っているではありませんか。こんなことは、もう二度とないかもしれないです。

次は、来週5月12日(土)に大阪で行なわれるロボファイト大阪に向けて、機体改造及び調整です。

第20回、第21回九州練習会

4月21日(土)に第20回九州練習会が行なわれました。
この日は、都合により14時30~16時までしか参加でなかったの
ですが、九共大疾風相手にバトルの練習ができました。
ディガーは破壊力のある攻撃がないことが課題で、5/4博多
リバレインで開催されるヒューマノイドカップまでになんと
か時間をつくって調整したいものです。

4月29日(日)の第21回九州練習会は、実家に帰省したため不参
加でした。九州練習会発足以来続けてきた連続参加は20回で、
途絶えてしまいました(笑

5/4のヒューマノイドカップの参加者が発表され、関東からご存
知トコトコ丸、アリキオン、アリウス、ROBO-ONE重量級準優勝の
ivre-VIN、新型4000番機体のか~る、関西からは強豪キングカ
イザー(未確定)・Jrといったロボットがやってきます。
九州勢は、前回のヒューマノイドカップで活躍した成龍、疾風と
三銃士それから九州練習会で日々練習しているTYRANT、Q、カッ
チーデヤンス、ダーナスター2、ホワイトナイト、Gパワーローダーなどが参加
予定で、県外勢を迎え撃ちます。

今回ディガーは、2台参加申込みを行なっています。子供のディ
ガーJrがなんとか予選通過できればと思っていますが、メンバー
を見るとかなり厳しそうな感じです。
ヒューマノイドカップの予選のスプリントは本当に全国一厳しい
のではないかと思えるくらいみんな好タイムをたたき出します。
おそらく安全圏内は10秒/3mです。

4/30のKONDOカップで九州勢は善戦したようですし、この勢いで、
上位進出するように頑張りましょう♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。