スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSコントローラでロボットを動かす


PSコントローラの受信機からの変換基板さえあれば、なんと、PSコントローラからロボットを動かすことができるのです。もちろんワイヤレスのPSコントローラも大丈夫です。

変換基板は、メカ工房 Hotproceed製のTEC-1という商品。購入方法はホームページから通信販売のみで、価格は4,500円(3月末まで500円引きで4,000円)とのこと。

・スーパーディガーJrに取付けて、動きました。(RCB-1、RCB-3動作確認済み)
・PSコントローラは、Sony純正の有線コントローラとロジクール製ワイヤレスコントローラで動作確認済(GAMETECH製のワイヤレスコントローラはNGでした)。

TEC-1はキットで、必要な部品がすべて入っています。
製作にあたっては、取扱説明書どおりに、キット付属部品を半田付けしていくだけ。プログラミングなどは一切不要でした。

うちの息子は4歳で、プロポを操作するには、手が小さすぎますが、PSコントローラなら丁度良い大きさ。PSコントローラは、スペースをとらないので、ロボットイベント参加時に、持ち運びが楽になりました。
近藤科学製のKHRシリーズのロボットをお持ちの方は、お勧めです。

画像では、TEC-1をスーパーディガーJrの頭の上に取付ていますが、仮取付のため今後取付位置を変更する予定です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。